夫婦

肌荒れを防ぐコラーゲンドリンク|保湿成分を効果的に摂取

糖尿が気になる方に

血液

血糖値の指標

ヘモグロビンは赤血球の主成分で、酸素を体中に届ける働きをしています。血液中に糖分が多く含まれていると、ヘモグロビンが徐々に糖と結合して、グリコヘモグロビンになります。グリコヘモグロビンの一種がヘモグロビンa1cで、糖尿病を診断する目安になります。血糖値は食事のたびに大きく変化しますが、ヘモグロビンa1cは急激には変化せず、過去1〜2か月の血糖値を反映します。ヘモグロビンa1cが6.5%を超えると、糖尿病の合併症のリスクが非常に高くなるとされています。悪化すると神経の麻痺や腎臓病、網膜症といった重い病気にかかる可能性もあります。ヘモグロビンa1cが高いと言われたら、早めに生活習慣を見直すことが大切です。

食事制限と運動

ヘモグロビンa1cが高めの方は、糖分はもちろん炭水化物の摂取量を控えめにする必要があります。しかしエネルギー源になる炭水化物を急に減らすと、疲れやストレスが溜まり、体調を崩すこともあるので要注意です。食物繊維の多い食事は、糖の吸収を穏やかにして、血糖値の急激な上昇を防ぎます。野菜を多めに摂ったり、白米をやめて玄米にしたりすることは、ヘモグロビンa1cのコントロールに効果的と考えられます。また適度な運動を毎日続けることも大切です。十分な食事制限や運動が難しいときは、サプリメントを利用するのがお勧めです。食物繊維のほかにも、血糖値に直接働きかけるイヌリンやサポニンなど、さまざまな成分を含んだサプリが発売されています。